アルファロメオ・ナヴァホ(イタリア車のイラスト)

ささっとイタリア車イラストシリーズ!

ランボルギーニ、フェラーリと描いたら次はマセラティ、あるいはデ・トマーゾになりそうですが、アルファロメオです。

アルファロメオナヴァホスーパーカーブームでアルファロメオの名前を知ったという人はたくさんいると思うのですが、実はこの時代アルファロメオはいわゆるスーパーカーと言われるような超高性能車は作っていませんでした。(スポーツカーはありましたが)

なぜアルファロメオがスーパーカーのイメージが強いのかと言うと、このナヴァホのようにカロッツェリアまたはデザインスタジオがアルファロメオの名前を付けたすごいカタチのコンセプトカーを発表しているからなのです。(ちなみにナヴァホはベルトーネのコンセプトカー)

個人的には自分の持っていた色鉛筆のケースがこれだったので特に印象の深い一台です。その色鉛筆を使う度に「イタリアじゃこんなすごい車が走っているんだ!」とデザインの国イタリアへ憧れを強くしていったのでした。

『この車はショーカーで実際には作られていないんだよ』、なんて夢を壊す大人がいなくてよかったと思います。

 

ヴェローナ・イタリアの風景イラスト

ヴェローナ・イタリアの風景イラスト観光地としてあまりに有名なヴェローナだが、訪れてみればその理由はすぐわかる。

落ち着いた旧い街並、迫力の古代ローマ劇場アレーナ、そしてロメオとジュリエッタ…。

バルドリーノを飲みながら、純愛の舞台となった街の空気を楽しむ。このワインはすこしだけ、愛の香りがする・・・かな?

©YoichiroTohara

 

フェラーリ512BB(イタリア車のイラスト)

ササッとイタリア車イラストシリーズ。(と今回から名付けました・笑)

カウンタックを描いたらやはりフェラーリ512BBも描かないと・・・

ランボルギーニがやや角張っていて、フェラーリが滑らかというのはこの二台によって特徴付けられてしまったのですね。

フェラーリ512BBイラストランボルギーニだってミウラなんかはかなり滑らか系のデザインだったわけですが・・・

あと言いたくないですけど、やっぱり今のフェラーリよりこの時代の方が美しかったですね。